司法書士 肥口ふみ枝事務所
www.shihoushoshi-higuchi.com
プライバシーポリシー
事務所紹介 業務内容 よくある質問 お問い合せ リンク ブログ
  HOME > よくある質問  
よくある質問
よくある質問にお答えします
image
Q.1 古い抵当権を抹消したいのですが、どうしたらよいのでしょうか?
Q.2 借金があるので、不動産を妻の名義にしておきたい。
Q.3 抵当権設定登記の登記原因について教えてください。。
 
Q.1 古い抵当権を抹消したいのですが、どうしたらよいのでしょうか?
土地を売ろうと思い登記簿謄本を取り寄せたところ、明治40年に設定されたと思われる債権額300円の抵当権が登記されていました。・・・・・。
A. 古い抵当権の抹消登記は、登記権利者(所有者)と登記義務者(抵当権者の相続人全員)の共同申請によってするのが原則です。
・・・・・・・・・・
「供託したことを証する書面」を添付すれば、登記権利者が単独で抵当権抹消登記を申請することができます。
PAGE TOP
 
Q.2 借金があるので、不動産を妻の名義にしておきたい。
多重債務を負っているので、不動産の私の持分を贈与で妻に譲渡したいと思っています。妻名義に登記しておけば、不動産を差し押さえられる心配はないでしょうか。
A. この贈与という債務者の行為は、債権者の債権を害することを知ってしたものと認められるので、
・・・・・・・・・・
不動産の売却等も視野に入れ、債務をいかに整理していくかを考えるべきだと思います。
PAGE TOP
 
Q.3 抵当権設定登記の登記原因について教えてください。
登記簿の乙区の抵当権設定登記の登記原因が「年月日保証委託契約による求償債権年月日設定」となっている場合がありますが、どういう意味なのか教えてください。
A. 債務者=設定者(不動産の所有者)としてお答えします。
・・・・・・・・・・
もし、債務者が債務を履行できなかったときは、保証会社が債務者の代わりに債権者に弁済することになり、その代わりに保証会社は、債務者の不動産に設定した抵当権を実行し債権を回収することができます。 .
PAGE TOP
 

 

PAGE TOP
司法書士肥口ふみ枝事務所 〒105-0004  東京都港区新橋5丁目33番8号  新橋SSビル4階【TEL】03-3433-7561 【FAX】03-3433-7656 Copyright(c)Higuchi Office. All rights reserved.